フォト
無料ブログはココログ

お薦めの本

  • 伊藤計劃: 虐殺器官

あつぎ国際大道芸2009

  • 最後はお約束 口で火を消す
    フォトストーリーです

« 昨日の続き ニューハーフと虚数ⅰの関係 | トップページ | ズバリ、陸上自衛隊の戦車です!! »

2009年10月30日 (金)

読書の秋、おすすめの作家を紹介

まずは、やっぱり、村上春樹氏。イスラエルでのスピーチもカッコ良かった。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 SFです。『海辺のカフカ』では、空から魚が降ってきます。だから、ちょうど、『1Q84』が発売開始された頃、全国で空から魚などが降ってきて大騒ぎしていました。あれは、『1Q84』の宣伝のために、出版社がやっているとマジで思いました。もちろん、冗談ですけど。

次は、村上続きで、村上龍さんの『だいじょうぶマイフレンド』。スーパーマンが、ファッションヘルス嬢に性的なサービスを受けて、とんでもないことになってしまいます。

最後が、村上龍さんの本の元ネタ。アメリカのSF作家ラリイ・ニーヴンの本『無常の月』(ハヤカワ文庫)です。この本の『スーパーマンの子孫存続に関する考察』が元ネタです。トキと同じ絶滅危惧種のクリプトン星人(なんたって、広い宇宙に、スーパーマンといとこのスーパーガールしかいない)を、どうやって、絶滅の危機から救うのか? 著者が、まじめに、そして面白く、考察しています。SFは、ちょっとと言う人も、ぜひお試しあれ!

ラリイ・ニーブンの小説にヒントを得て、描いたイラストをMY HOBBYにアップします。

« 昨日の続き ニューハーフと虚数ⅰの関係 | トップページ | ズバリ、陸上自衛隊の戦車です!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285848/32001372

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋、おすすめの作家を紹介:

« 昨日の続き ニューハーフと虚数ⅰの関係 | トップページ | ズバリ、陸上自衛隊の戦車です!! »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31