フォト
無料ブログはココログ

お薦めの本

  • 伊藤計劃: 虐殺器官

あつぎ国際大道芸2009

  • 最後はお約束 口で火を消す
    フォトストーリーです

« 石原都知事にスポーツを語る資格なし | トップページ | からくちご免テーターのミステリー推理作法 その1 »

2009年11月11日 (水)

杉下警部が、マスター・ヨーダに見えました

「相棒シーズン8」やっぱり、大好きです。杉下警部と神部警部補の関係が、これも僕が大好きな映画「スター・ウォーズ」のマスター・ヨーダとジェダイ見習い(パダワン)の関係にそっくりです。前の亀山刑事と違って、神部警部補の推理力筋はいいです。ただ、経験不足。

つまり、ジェダイになる素質はあるということです。ただ、少し成長しすぎて性格がクールすぎるようですが、これも修行が始めるのが遅すぎると反対されたアナキン・スカイウォーカーと同じです。今日の放送でも、僕の邪魔はするなと言っていますが、神部警部補の自由にさせています。まるで、お釈迦様の手の上の孫悟空みたいです。

SWは、純真な若者がその一途さゆえに、一度はダークサイドに落ちてしまうが、最後は正しい心を取り戻すという宗教的(特にキリスト教)な側面があります。まあ、人間の改心は、永遠のテーマでしょう。

杉下警部も、牧師に告解の経験がおありだし、イギリスでの生活も長いようです。キリスト的な考えをお持ちのようです。罪を犯した者は、身分を問わず等しく罪を購わなければならない。たとえ、官憲の追及からは逃れることができても、神(自分の良心)からは逃げることは出来ない。という考えらしい。

ただ、犯人の仕掛けたトリックを自慢げに説き明かすだけではないところが、素敵です。

それと、神部警部補は杉下警部が錯覚に引っかからないことを不思議がっていますが、一番簡単な可能性を見落としています。錯覚の知識なんて、今回の教授以上に杉下警部が持っているだけです。答えを知っていれば、騙されない。それだけのことです。だから、色の錯覚のトリックもすぐ分かったわけです。能ある鷹は爪を隠すってやつです。

« 石原都知事にスポーツを語る資格なし | トップページ | からくちご免テーターのミステリー推理作法 その1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285848/32178806

この記事へのトラックバック一覧です: 杉下警部が、マスター・ヨーダに見えました:

« 石原都知事にスポーツを語る資格なし | トップページ | からくちご免テーターのミステリー推理作法 その1 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31