フォト
無料ブログはココログ

お薦めの本

  • 伊藤計劃: 虐殺器官

あつぎ国際大道芸2009

  • 最後はお約束 口で火を消す
    フォトストーリーです

« 蓮舫さん 本当はいい人かも? | トップページ | 緊急 骨董市 速報 »

2009年11月19日 (木)

ダーウィン生誕200年 種の分類法の誤用

kubinagaさんの、プロとマニア云々について、少し話をしたいと思います。まず、プロとマニアとを対比するのは、たぶん用法が間違っています。

例 切手マニア=切手の収集家、切手のプロ=郵便局だと思うので、両者の関係が対立す るとは思えません。郵便局にとって、切手マニアはお得意さんです。切手マニアの方が、最近の記念切手には、ろくなのはないと郵便局に苦情を言っても、郵便局は怒りません。顧客のニーズにあった新しい記念切手を発行します。すこぶる良好な関係です。

正しくは、やはり、プロとアマでしょう。でも、この二分法だけで、種の多様性は言いつくせません。プロにだって、「素人に毛が生えた程度の駆け出し」「若いのに、出来る奴」「年ばっかり食って、中身が…」などなど、かなりの種類があると思います。一見、オスとメスの2種類しかないと思う性別も、無性生殖、カタツムリの雌雄同体、魚の中には途中で、性転換するものもいます。人間なんか、男女のほかに、ニューハーフ、おかま(やはり、椿姫彩菜さんとおすぎを同じ種に分類するのには、抵抗を感じます。逆に、榛名愛はどっちに分類すべきか少し迷います)、おなべ、女装主義者(ブラ男を含む)ともうきりがありません。

そうなのです。この世は、多様な種類から出来ているのです。ダーウィンは多様な種が織りなす関係をクモの巣(web)にたとえたことがあったはず(僕の記憶違いかも知れません。間違いだったら、ご指摘ください)。だから、二分法で乱暴に分類してしまうから、いろいろ問題が出てくるのです。特に、文系、理系という分類など、いい例です。「私、文系出身だから、数字は苦手」なんて主婦が言っていたら、家計簿はつけれません。文系、理系ともお互いの分野の最低限の理解は必要になります。だから、大学には、教養課程があります。

リーマンショックだって、物理・数学の方程式を経済学に応用した結果です。最初は、パラメーターをきちんと設定していたので、うまくいきました。しかし、パラメーターを恣意的にいじって、危ない証券まで、安全で有望な証券にしてしまったから、破たんしたのです。

今回の民主党の事業仕分け作業、とくに「スパコン」等では、理系・文系の断絶が、問題の根底にあると思います。両者が、理解し合うには、本を読むことです。

理系には「ソシュール 一般言語学講義」 東京大学出版会 \3000が、お薦めです。言葉の多様性について、進化論的な切り口もみられます。ダーウィン(1809-1882)、ソシュール(1857-1913)ですから、ソシュールが『種の起源』を参考にした可能性もあります。ダーウィンだって、スペンサーの「社会進化論」を参考にしていますから、理系の考え方、文系の考え方は対立するものでなく、補完し合うものだと思います。

本を読んで、異文化交流を積極的に行いましょう。 では、また

« 蓮舫さん 本当はいい人かも? | トップページ | 緊急 骨董市 速報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マニアとプロの対比は確かにねじれていますね。対比すべきはプロとアマ:で、二分法ではこぼれるものがある。二直線の関係の「ねじれの位置」を高校数学で習ったときはクラスが異様に盛り上がりましたが、本来はそういう多様な関係にある事象を二分すること、二分することで思考停止することが問題なのでしょうか。
「両者の理解には本を読むこと」…。その通りだと思うのですが(教養では徒然草の講読を受講しましたが)、私の在学中に目についたような、大学にテニスだけしに来て学食でだべっていた輩とそのような境地を共有できるものでしょうか、やや疑問です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285848/32269444

この記事へのトラックバック一覧です: ダーウィン生誕200年 種の分類法の誤用:

« 蓮舫さん 本当はいい人かも? | トップページ | 緊急 骨董市 速報 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31