フォト
無料ブログはココログ

お薦めの本

  • 伊藤計劃: 虐殺器官

あつぎ国際大道芸2009

  • 最後はお約束 口で火を消す
    フォトストーリーです

« 横浜骨董ワールド 続報その2 | トップページ | トンデモ理論パート2 風水で説き明かす怪獣盛衰記 その2 ラドンの巻 »

2010年12月 7日 (火)

トンデモ理論パート2 風水で説き明かす怪獣盛衰記 その1 ゴジラの巻

風水というか、五行陰陽説と言うべきかわかりませんが、これらの考えを参考にして、怪獣映画の怪獣たちの盛衰をまとめたいと思って、この記事を書いています。木、火、金、水、土の五つの元素で世界は成立していると五行説では言っています。さらに、木の兄(きのえ)、木の弟(きのと)の陰陽があります。また、木は東をさし、シンボルカラーは青、守護神獣は竜です。火は南をさし、シンボルカラーは赤、守護神獣は朱雀という鳥です。金は西をさし、シンボルカラー白で、守護神獣は虎です。水は北をさし、シンボルカラーは黒で、守護神獣は玄武という亀の怪物です。東西南北の中央は、土で、シンボルカラーは黄色、守護神獣は蛇です。以上のようになっています。

映画『ゴジラ』が封切された年を、ゴジラの誕生年とします。1954年封切ですから、木の兄の生まれになります。つまり、ゴジラは木の性質を持っていることになります。方角は東、守護神獣は竜です。東の宝と書いて、東宝を、ゴジラという竜が守るということになります。これでヒットしないわけがありません。次回は、ラドンについて述べます。では、また。

« 横浜骨董ワールド 続報その2 | トップページ | トンデモ理論パート2 風水で説き明かす怪獣盛衰記 その2 ラドンの巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285848/37990351

この記事へのトラックバック一覧です: トンデモ理論パート2 風水で説き明かす怪獣盛衰記 その1 ゴジラの巻:

« 横浜骨董ワールド 続報その2 | トップページ | トンデモ理論パート2 風水で説き明かす怪獣盛衰記 その2 ラドンの巻 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31