フォト
無料ブログはココログ

お薦めの本

  • 伊藤計劃: 虐殺器官

あつぎ国際大道芸2009

  • 最後はお約束 口で火を消す
    フォトストーリーです

« トンデモ理論パート2 風水で説き明かす怪獣盛衰記 その1 ゴジラの巻 | トップページ | 数学本、3冊目クリアー »

2010年12月12日 (日)

トンデモ理論パート2 風水で説き明かす怪獣盛衰記 その2 ラドンの巻

『空の大怪獣 ラドン』の封切は、1956年です。したがって、ラドンは火の兄(ひのえ)の生まれですから、火の性質を持ち、方角は南を指します。東京より南の火の国、熊本阿蘇山に巣を作りました。守護神獣は、朱雀、欧米ではフェニックス(不死鳥)という鳥です。ラドンは、鳥ではありませんが、空飛ぶ大怪獣です。ラスト、ラドンは阿蘇山の火口で、炎に包まれて死にます。不死鳥も炎に包まれて、一度は死にます。しかし、灰の中から再生します。ラドンも、その後、東宝怪獣映画で復活しますから、風水の教えが生かされていることになります。

次回は、モスラを取り上げます。では、また。

« トンデモ理論パート2 風水で説き明かす怪獣盛衰記 その1 ゴジラの巻 | トップページ | 数学本、3冊目クリアー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285848/38048065

この記事へのトラックバック一覧です: トンデモ理論パート2 風水で説き明かす怪獣盛衰記 その2 ラドンの巻:

« トンデモ理論パート2 風水で説き明かす怪獣盛衰記 その1 ゴジラの巻 | トップページ | 数学本、3冊目クリアー »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31