フォト
無料ブログはココログ

お薦めの本

  • 伊藤計劃: 虐殺器官

あつぎ国際大道芸2009

  • 最後はお約束 口で火を消す
    フォトストーリーです

« ニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』を読みました。 | トップページ | 今年から実名で投稿します »

2013年8月25日 (日)

『夜と霧 ドイツ強制収容所の体験記録』を読みました

心理学者フランクルが書いた本です。みすず書房から出ています。第二次世界大戦中にドイツがユダヤ人をアウシュビッツその他の強制収容所で大量虐殺しました。ユダヤ人である筆者が強制収容所に囚われた体験を述べています。
いつガス室に送られて殺されるかわからない恐怖。地獄のような日々を冷静に綴っています。最後まで希望を失わなかった著者は、過酷な条件の中、生きのびます。

« ニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』を読みました。 | トップページ | 今年から実名で投稿します »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285848/53029441

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜と霧 ドイツ強制収容所の体験記録』を読みました:

« ニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』を読みました。 | トップページ | 今年から実名で投稿します »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31