フォト
無料ブログはココログ

お薦めの本

  • 伊藤計劃: 虐殺器官

あつぎ国際大道芸2009

  • 最後はお約束 口で火を消す
    フォトストーリーです

« カート・ヴォネガット・ジュニアの『スローターハウス 5』を読みました | トップページ | フレドリック・ブラウン著 『火星人ゴーホーム』読みました »

2016年4月15日 (金)

フィリップ・K・ディック 『宇宙の眼』 を読みました

翻訳権の問題で、長らく本屋になかったフィリップ・K・ディックの幻の名作です。映画『ブレードランナー』の原作、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の作者です。『宇宙の眼』は、多元宇宙の傑作です。SFを読む人なら、必読書と言ってもいいと思います。

ハヤカワ文庫SF、定価 920円 税別

« カート・ヴォネガット・ジュニアの『スローターハウス 5』を読みました | トップページ | フレドリック・ブラウン著 『火星人ゴーホーム』読みました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285848/64994110

この記事へのトラックバック一覧です: フィリップ・K・ディック 『宇宙の眼』 を読みました:

« カート・ヴォネガット・ジュニアの『スローターハウス 5』を読みました | トップページ | フレドリック・ブラウン著 『火星人ゴーホーム』読みました »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31